わがままで正解なのか!?


おはようございます

とある病院のWebで「来院の注意」というのを見た

「以前よりWebで先生の病院を知っていて「いつかは来たい」とずっと思っていて 今日やっと遠方ですが来れた~」

という 患者さんに対してその先生は

「え~と 私は その患者さんの希望に添える医師ではありません 医師というものは 近所に居て「何かあった時にすぐに相談と診断できるのが その人に合った良い医師であり 遠方からわざわざでは「いざ」という時には何も役に立てないし 一度の診察で何も答えは出ないし わざわざ遠方より診察に来られても私は基本10分位しか診察の時間を取らない それ以上の時間を確保するのであれば暇な時に来てください」

と バッサリ・・・ と書いてある・・・ マジか・・・

確かに そうかもしれないが・・・

でも 書いてあった

「病院巡りをして安心な言葉かけをもらおうとしている患者さんが多い」と・・・

 

ここのところ わが社のブログも 偏り気味だな なんて 私が見ても思う。もっと「普通のクルマの入庫を心がければ 絶対数はそっちの方が多いはず」と 自分でも思うが・・・

でも 考えてみると 普通のお客様は まず我々の業種を探した際には まず価格重視だし それは 今の我が社のスタイルとは違うから やっていない。また そんなお客様に「わが社の技術は」とうたっても・・・「直ればいいし」って言われるだけだし・・・

が お客様の希望に添えるものであれば コンビニでも高級でも仕上げは様々だ・・・。

だから 間違えていない方向に今進んでいるんだ と実感する。

現在 売れ筋のクルマのお客様の確保の方が 本当に難しい

「きちんと直るのか?」「お宅は上手なのか?」と その時点で「信用」して頂いていないのだから・・・

と いうことで いつも通り わがままブログで本日もいきます。。

 

ここのところ ほんとうに多い お問い合わせ「下回り塗装」

今回は マツダロードスターの新車購入後一年経過したボディへの施工です

これまた 待ちにお待ちいただきまして 申し訳ございません

DSCN1718 DSCN1719

今回も ソフト~ミディアム仕上げでの 塗装

・ボディアンダー部・ホイールハウス部・サスペンションとの塗装

DSCN1720 DSCN1724 DSCN1723 DSCN1722 DSCN1721

↑施工前

DSCN1725  DSCN1732 DSCN1731 DSCN1730 DSCN1729 DSCN1728 DSCN1727 DSCN1726

↑施工後

 

その違いはわかりにくいですね。。 艶があるか?ないか?の違いです。

厚塗りすれば効果があるのか?といえば そうではなく・・・

薄塗でも 現在は 効果のある塗料も多く わが社では 錆の上にでも気にせず塗布します

「えっ!錆落とさないの??」と言われそうですが

考えてください 錆の発生する原因を

・鉄 ・酸素 ・水 この三種のどれかを除去してみてください  さびは絶対に発生しないでしょう

鉄を酸素と見ずと触れさせない様にするのが「防腐塗装」なのですね

だから 錆びていても 酸素からシャットアウトすれば。。。ですよね。。

 

そんな ことで 試しております

DSCN1783

ブレーキディスクに塗装して 錆の経過を見ておりますが

DSCN1784

↑いままでのサンプルでは もうボロボロ錆錆で・・・

ですから 2017年バージョンを作り

DSCN1776

10月下旬に

DSCN1777

やはり ブレーキディスクにシャーシクリヤを塗布し 放置・・・

DSCN1778

一目瞭然ですね 錆びている部分とシャーシクリヤが塗装されている部分との境が

DSCN1779 DSCN1782 DSCN1780

↑これをみて「シャーシクリヤは効果がすくない」と・・・!?

じゃ~そのシャーシクリヤで実験したヤツが今まで居るか??と・・・

さて いかがでしょう。。

DSCN1784

相当に年月が経過しても シャーシクリヤとブラックでも ノクスドールに勝る防腐力を持っていることが証明されますね

が!!そんな気軽なシャーシ都塗料ですが使用時には

DSCN1733

ボディ全体の養生は必要です。。

 

 

成人雑誌の販売中止に何を思ふ・・・


おはようございます。

さて・・・

先日より巷を騒がせている

「イオングループでは成人向け雑誌の取り扱いを止める」

とのニュースが飛び込んできて いろいろ言われておりますね。

経済ジャーナリストの森永卓郎氏は「それは非常にマズい」と警笛をならしている。

私も同感だ・・・

と 朝から まったくもって変態ネタである・・・

これには しっかりとした理由がある。。。

結局は「そこ」なんですよ人間なんて・・

と いうことで 今日は「書籍」について考えてみましょう。

 

と いうことで 今日のネタもどうやら長くなりそうだ・・・ たのしく今日もいってみましょう。。

勤労感謝の日


と いうことで 本日は お休みさせていただきました。

毎日働けることに感謝です

その反面 「本来の仕事は何だ? 自分は何をしなくてはいけないのか?」と 悩みもがき苦しむ毎日でもあり 挙句に「改造車なんて持ってくるな!」とブログに公開する始末・・・(でも 法律違反はいけませんからね「違法」ですからね 「違法改造車」っていうと さほど重みを感じませんが 「違法ドラッグ」と聞くと??大丈夫ですか??ヤバいっすよね!?逮捕されますよね? それと同じなんですよね・・・ 私逮捕されたくないし・・・つか 企業としてダメでしょ それじゃ~ね~)

と いうことで 何が何だか わからない 勤労感謝の日にお送りするブログは

 

いつもできない事を そんな時にはやっておきたく

IMG_3998

↑今年行けるかわからないので お墓参りへ・・・

朝は強い雨でしたが 到着したら止みましてですね・・

IMG_4005

秋を目で感じ

IMG_4007

IMG_4003

山梨といえば「Theほうとう」ですね。

夕方には 戻り

ブログが公開されているってことは・・・

伝票処理を行っております。。。

 

少しだけ いつもと違う環境にカラダを置いてみて ストレス発散となりました。。

明日からも どうぞよろしくお願いします。

業務連絡 改造車の車検について


現在 普通に取得できない車検のお預かりは中止しております

 

「非合法なヘンテコな改造車」や「微妙に車検取得できるか?」というクルマのお受けができませんので その辺り きちんと車検を取得できる様に ご自分でノーマルに戻してお持ち込み頂ける車両なら 何ら問題なく お受けできますので。。

数台 そんなクルマを抱えており現在パンク状態です。

 

手間の掛かる車検車両(改造車)の車検は お断りいたします

 

無論 ごく普通のクルマの車検のお預かりは 通常通り お受けできます。

ごめんなさい。。

お役に立てれば・・・  接着未知の作業に挑む!


おはようございます。

昨日 取引企業であるW氏が「近くで勉強会があってその帰りだったから寄ってみた~」と 遊びにきてくれました。

そんな W氏は営業さん。

毎月 不可能ともいえる目標にチャレンジし 毎月追い込まれている企業の営業戦士である。

昨日は21日 月末が近く また今月の「「ノルマ」が襲ってくる」と彼を悩ます。

そんな彼 「社長のブログを見て 自分も頑張ろうと 希望をもらってます」と・・・

丁度「この」スタミナ苑の記事を見て「自分も頑張らなきゃ」と 元気が出たらしい・・・

イイじゃないか~ 人に元気を与えられるって~~

うれしいじゃないか~

「社長 今度スタミナ苑食べ行ましょぅよ!!」と いうことで 変態社長と行くスタミナ苑焼肉ツアー を 開催したいと思います。。

でもね・・・

肝心なのは スタミナ苑のネタではなく・・・

「パジェロミニのコンピューターの「感謝の手紙」」がメインなんですけどね~~~

 

さて 今日もお客様に 感動して頂ける ブログを書いてみましょう!!

 

さて・・・

今日は いすゞピアッツァのルーフサイドモールの修理

DSCN1671

↑正規は部品裏に固定のブラケットが溶着で取り付けられておりますが

DSCN1628

↑経年劣化でそのブラケットが脱落します

DSCN1631

↑それを何度も修理している為に グチャグチャに・・・

DSCN1633

↑頑張って接着剤で付けた痕跡がありますが・・・ このセメダイン系の接着剤では また剥がれてしまいます。 この接着剤は 昔ポピュラーなものなので 間違いの補修方法ではありません 当時は こうせざる得なかったのでしょう。

本日は それを 現代ほ手法にて 修理をしてみましょう。。

それは バカの一つ覚えの「パネルボンド」を使用する 方法。。いやいや・・これ 真面目に すごいんですから!! 先日なんて「夫婦仲が悪かったのをこのパネルボンドが再びくっつけた」という噂も・・・。(すみません 朝から くだらなく 自爆ネタにもなりかねないので・・ね)

で 始めます

・ガーニッシュ本体はプラスチック ・ブラケットは鉄製 という部品を付けます

DSCN1629

↑まずは 古い接着剤を剥がし ブラケットの止め位置に けがき跡をつけます。

DSCN1630

↑とにかく 過去に付けられた 黄色い接着剤を剥がしますコリコリと・・

DSCN1631

↑コリコリと

DSCN1632 DSCN1633

↑ブラケットもコリコリと・・

DSCN1636 DSCN1637

↑剥がせるだけ剥がします・・

DSCN1634

↑取り付け位置だけは確実に けがき線を入れですね・・

DSCN1651

↑きれいに過去の接着剤が剥がれたでしょ??

DSCN1652 DSCN1653 DSCN1655

↑止め位置を確実に確認し

DSCN1657

↑パネルボンドが密着する様に 接着面にキズをつけます とにかく食いつきを良くする様 止め位置がわからなくならない様・・

DSCN1659 DSCN1658

↑コリコリと・・

DSCN1660

↑どうよ しっくりきたでしょ!?

DSCN1661

↑そして ベルトサンダーで

DSCN1662 DSCN1663

↑ブラケットの接着面は 鉄をむき出しにします これはボンドを密着させるため 条件は鉄の上に接着させること これがポイントなのです(ここで 鉄むき出しじゃ錆びるじゃん!と 言われそうですが・・・パネルボンドがコーティングしているので無問題(モウマンタイ)なのです。

DSCN1664

接着準備完了!!

DSCN1666

↑パネルボンド登場!!

DSCN1668 DSCN1670 DSCN1669

↑はい!接着!!

 

これで 乾燥を待ちます・・・

もちろん 取り付けは 乾燥してからです。。

 

と いうことで 新品部品が無い場合には とにかく直します その直し方法も様々  出来る限りの事をして 直してあげたいじゃないですか? 吉とでるか?凶とでるか?? 後にお客様からの再来店でわかります。。

 

 

 

  • 最近の投稿

  • 投稿カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー