横浜市都筑区|自動車修理・自動車鈑金・自動車塗装
rss

リサイクル部品修理

営業時間:AM9:00~PM8:00 
日曜日も予約対応
フリーダイヤル 0120-471-980

リビルト部品による修理

最近、よく耳にする「リビルト修理」とは、つまり、「リサイクル部門による修理」のこと。
自動車業界では、今まで、「車を作り用が済めば解体する」というのがほとんどでしたが、技術の発達により、 昔に比べ自動車に使用される鉄板・プラスチックパーツは、かなりレベルの高いものとなりました。
まだまだ使える物を、捨てるというのは環境問題にも影響があります。そこで、使える物を使用して安く・きれいに修理、 というのがリビルト部品なのです。 当社では、お客様のご希望により、リビルト部品の取り扱いもしておりますので、お気軽にどうぞ!!

リビルト部品注文の、おおまかな流れ

  • お客様からの依頼
  • リビルト部品業者への在庫確認。
  • お客様の車名・型式・年式・フレームNo・色などから検索し、日本全国へ手配します。

  • 部品が見つかった時点にて、お客様にご連絡しお車修理入庫予定を組みます。
  • お客様の予定・代車手配の予約など・・・

  • お車入庫して頂き、修理。
  • 「リビルト部品使用」=「修理代金の軽減・修理時間の短縮」となるのです。

作業例:リビルト部品交換

左リヤドアを、ひどく凹ませてしまいリビルト交換。

リビルト使用にてまずは在庫確認

鈑金に時間を掛けるよりも、交換の方が早く安いと判断し、リビルト部品が有るのであれば、リビルト使用にてまずは在庫確認へ・・・。

リビルト使用にてまずは在庫確認

部品の互換性チェック

部品の互換性チェック同じ色の部品が見つかり早速取り寄せ部品の互換性をチェックをする。OKであれば、いざ作業へ!

早速、凹んだドアの内張りを取り外しドアを取り外す。取り付け終了。

今回は、色も同色品が見つかり塗装代金も掛からず、通常、新品部品使用時には¥100,000近くかかる修理も¥40,000位で済みました。

ドアを取り外す

作業日記ブログ

現在の記事件数:2436